よくある才能のお話

どうしたもこうしたもない。ただ、ふと、思った。

あたしにはとても尊敬しているフォトグラファーの方がいる。

ロバートキャパはもちろんだが、まだまだ現役の人である。

彼はオーストラリアですばらしい写真を撮っている。今でもあたしのパソコンの横には彼のくれた写真が飾られていて、それを見ては強いあこがれを抱くのだ。

あたしは彼の写真を見たとき、ぼろぼろ涙が落ちてきて、止まらなかった。

父の愛した写真はこれだったのかとおもった。それと同時に今まで自分がとってきたものが恥ずかしくて、恥ずかしくて、全部消して、捨ててしまいたい。とも思った。

現実問題今でも彼の写真を見ると、このtumblrにのせているものもすべて消したくなる。あたしの写真はお遊戯だ。わかっている。

続きを読む…

2ヶ月前  #独り言 #長文 #ごめんなさい #情緒不安定  4 リアクション